【webライターブログメリット】もうリストラは怖くない

ブログライター 求人

こんにちは東京23区在住の5歳娘と親子3人暮らし。アラフォーママです。

旦那の収入が減ってしまった。でも子供の習い事や塾でお金が掛かる。というあなたに、私のとっておきの解決法を紹介します。

一人娘だから「子どもにはなるべく不自由させたくない。」「お友達の通っている習い事はさせてあげたい。」でも旦那のボーナスが減っていて、毎月は貯金を切り崩してどうにかしのいでいる。旦那は家事と育児にあまり協力してくれない。夫婦で言い争うこともしばしばで。「ママもパパも大きな声出さないの!怒るよ」と娘が仲裁してくれるくらい。経済的な不安で家庭が崩壊寸前に。

でも、ある方法で主婦でも在宅でお仕事できるようになりました。毎月少しずつ収入が増えてきて、気持ちとお財布の中に余裕が生まれてきたのを実感してます。「一石二鳥、ん~三鳥かも?」不思議なもので旦那との言い争いもなくなりました。

そのある方法とは「ブログライター体験募集」に応募してライターになることです。

今回はハンドメイドチャンネルの「ブログライター体験募集」を紹介します。

この記事の通りにすれば、初級者でもライターのスキルを磨きながら、お小遣いが手に入ります。ランサーズやクラウドワークスに登録してお仕事するよりも単価が高いです。上級者の方であれば、いずれ独立して、起業するのも夢じゃなくなりますよ。

お金とスキルを身につけて、いつかは起業

webライターブログメリット
→ハンドメイドチャンネル「ブログライター体験募集」公式サイトはこちら

いまの境遇と抱えてる悩み!

・ネットビジネス未経験
・今の自分に納得していない
・将来が不安
・回りの人に内緒で稼ぎたい
・リストラが怖い
・コロナ禍で給料が下がっている
・ライター業をやりたいけれど、実績もないし仕事がもらえない・・・

こんなふうに生活がガラッと変わりました!

・子供の塾や習い事にお金をかけられ将来いい学校に進学させてあげられる
・低単価だった文章作成の仕事の単価が上がる
・ママでも社長
・インターネット上で自分の知名度を上げることができる
・採用されるとブログライターとしてデビューできるので、収入を得ることもできると同時にライティングのスキルを磨くことができる。なので、クラウドワークスやランサーズからも仕事を受注することができて、少し余裕のある生活ができるようになる
・将来の金銭的な不安を緩和できる
・未経験・初心者でも応募することができるため、手軽にはじめることができてすぐに取り掛かることができる

でも、いまいちなところもあるんじゃないの?

・ライターのテストに合格するのかわからない。
・テストに合格する必要があること
・未経験だとわかりにくいこともあるがわかりやすいマニュアルがあるので大丈夫
・締め切りがある→記事制作を数をこなすとスピードアップできる
・文章を書けなくなったら、報酬は0
・身バレが本当に怖い。もしかしたら自分の知っている誰かが見ているかもしれないと考えると全てが怖くなる。
・出来高制なので時給は保証されない

やはり、良いところがあるんです

・記事内でライターの名前が公開されるので自分の実績として紹介できる
・マニュアルがあるし、指導してもらえる
・丁寧な指導が受けられる。
・体験をサポートする担当者とライティングを支援する担当社の2名体制でサポートしてくること
・なによりもライターとしての実績が残り自分のステータスにもなる
・未経験や初心者でもマンツーマンでサポートしてくれるのでスキルアップできる
・お金もらってライティングスキルを身につけられる

最後にこのサービスの特徴をまとめると!

・初心者から上級者までレベルに合った指導が受けられる
・ライターのマニュアルがある
・マニュアルがあるので初心者からでも取り組める
・ライター専用のタレントページを公開できる
・チャットワークでマンツーマンサポート
・ブログライター認定を受けると高単価でWebメディアの仕事ができる
・初めてライターの仕事をしたいけれど自信がない人に記事を書くためのマニュアルと添削をしてくれる。

→【未経験&初心者OK】ハンドメイドチャンネル「ブログライター体験募集」

子育て エッセイ 募集 / web ライター 未経験 在宅 バイト / ウェブライター 副業 大学生 / 恋愛ゲーム シナリオライター 在宅 / web ライター 稼げる よう に なる まで / ママ向け サイト ライター募集 / ハンドメイド ブログ おすすめ /webライターブログメリット /在宅バイトコスメ /webライター稼げるようになるまで /育児雑誌ライター /会社辞めてWebライター /ハンドメイド ブログ おすすめ /字を書く仕事内職 /

タイトルとURLをコピーしました